So-net無料ブログ作成
検索選択

派遣法改正案 今国会の成立困難に…長妻厚労相(毎日新聞)

 長妻昭厚生労働相は11日の閣議後会見で、今国会に提出されている労働者派遣法改正案について「物理的な制約が出てきた」と成立が困難な状況になったとの認識を示した。同時に「臨時国会で成立させたい」とし、参院選後の国会で成立を目指すことを明言した。

 長妻厚労相は、改正案に批判があるとの質問に「(改正案が企業に)厳しすぎる、甘すぎるの両方の意見があるが、日雇い派遣まで可能にした規制緩和を労働者保護に持っていく第一歩と考えている」と述べた。【東海林智】

【関連ニュース
非正規雇用:「派遣法改正を」若者と女性が集会
雇用:各党が政権公約に
労働トラブル:全国32カ所で電話相談 5日を中心に
連合:日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書
労働者派遣法:改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見

丹羽氏の大使起用を承諾=政治主導に懸念の声も―中国(時事通信)
「私のしごと館」を研究施設に 国際戦略特区で京都府(産経新聞)
<運転見合わせ>JR中央線快速、東京−高尾間で 午後7時19分ごろ運転再開(毎日新聞)
<地震>秋田・湯沢で震度3=午後0時22分(毎日新聞)
<福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)

「枝野幹事長」固まる 菅新首相、反対論応ぜず 蓮舫氏は消費者・少子化担当相 (産経新聞)

 菅直人新首相(63)は5日、参院選の指揮を執る民主党幹事長ポストに、枝野幸男行政刷新担当相(46)を起用する意向を固めた。また、連立政権を離脱した社民党の福島瑞穂党首が務めていた消費者・少子化担当相に、民主党の蓮舫(れんほう)参院議員(42)を起用することも決めた。菅氏はすでに、官房長官に仙谷由人国家戦略担当相(64)の起用を内定している。官房副長官には古川元久内閣府副大臣(44)を新たに起用し、松井孝治官房副長官(50)を再任させる方針も固めた。

 幹事長ポストをめぐっては、菅氏は枝野氏の起用を早くから検討していた。しかし、枝野氏が反小沢(一郎幹事長)勢力の急先鋒(せんぽう)であることから、小沢氏に近い議員から反発が出ていた。このような情勢を受けて、菅氏を支持する議員の間にも、「枝野氏では党がまとまらない」として反対論が出ていた。

 菅氏は5日午前、宿泊していた東京・紀尾井町のホテルニューオータニを出て、同・永田町の党本部に入り、菅グループの代表を務める土肥隆一衆院議員(71)、荒井聡首相補佐官(64)、平岡秀夫衆院議員(56)ら同グループ幹部と会談した。

 土肥氏らは菅氏に対して、党内情勢を理由に「枝野幹事長」を断念するよう説得したが、菅氏は「任せてほしい」と述べて応じなかった。

 菅グループ幹部との会談後、菅氏は同日昼、党本部に仙谷、枝野両氏を呼び、閣僚・党役員人事や政権運営について検討に入った。

 人事では、国会対策委員長に、鉢呂吉雄元国対委員長(62)が浮上した。また、入閣が有力視されている荒井氏に、国家戦略担当相と党政策調査会長を兼務させることが検討されている。

 蓮舫氏の消費者・少子化担当相への起用は、政府の行政刷新会議の事業仕分けでの活動が評価された。蓮舫氏は5日午前、都内で記者団に、入閣の連絡は来ていないとしたうえで「(入閣を)言われたら断る人はどなたもいないと思う」と述べた。

【関連記事】
「菅さんはつぶやいていません」 菅新首相名のツイッター書き込み頻発で民主党
鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
「何人帰れるだろう…」参院選の顔に揺れる民主改選組
「内部抗争は信頼されぬ」 9月の党代表選で輿石氏

菅首相 重要法案成立に意欲 会期延長検討(毎日新聞)
寒暖の差激しく、多雨=春の天候まとめ―気象庁(時事通信)
民主党代表選告示、立候補受け付け始まる(読売新聞)
<鳩山首相辞任>国民新、郵政改革法案の成立求める考え(毎日新聞)
辻元国交副大臣の辞任会見  一問一答(2)(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。